初めから丁寧に、少しずつ。

アパレルは売る場所を持っています。生産は工場が担い、その間に商社だったり、私たちのような卸の業者がいます。ただ、この25年でその役割が大きく変化してきました。

今のアパレル業界は高級ブランドとファストファッションの二極化が進んでいて、かつてはセレクトショップや百貨店が中間層を担っていましたが、ファストファッションの登場で苦境に立たされました。

売れないので価格を下げ、服の品質もどんどん落ちていきました。

アパレルと工場との間に立つ我々にとって従来のモノづくりに疑念を抱くことも多いです。服が好きで素敵な服を作りたい、という気持ちを裏切るようなモノづくりをしないといけないこともあります。

だから自分たちで、初めから丁寧に、少しずつ、自分たちの思いが詰まった服を着てもらえる人を自然に増やしていきたい。

それが、TARROW TOKYOが目指す世界です。

Transparency

全ての商品のコスト、利益など原価構造を
公開しお客様と共有しています。

User Friendly

ユニセックスでみんなが着られるモノを使う人の
立場に立って作り、販売しています。

Sustainable

在庫枚数を最低限に抑えています。
在庫を無駄にして捨てるような事はありません。